<< さよなら東京 エンドレス梱包 >>

兵は拙速を尊ぶ

電化製品をリサイクルショップに売ったのですが、引き取りの時間をさっぱり守ってくれないので酷い目に合いました。
その上、電話での査定金額の二割くらいしか出せないとか言い出したのでかなり泣きそうに。
「もういいから帰れ!」と追い払いたいところでしたが、部屋を不動産屋に明け渡す時間が迫っているため、今さら電化製品の引き取り先を新たに探すわけにもいかずあきらめました。足元見られた!
なんでも早いうちから行動を始めないと、取れる選択肢が少なくなって不利ですねぇ。小学生のときから言われていたことですが。
[PR]
by ng-room | 2008-05-29 21:23 | 日々の出来事
<< さよなら東京 エンドレス梱包 >>